大田区仲六郷2-14-14 カンタービレ1階
「雑色駅より徒歩30秒」

  • shinki saishin
  • MENU

MENU

診療科目

マタニティ歯科とは

マタニティ歯科という言葉自体、あまり聞いたことがないかもしれません。言葉だけのイメージだと妊婦さんのための歯の治療という認識だと思います。しかし、妊娠中の妊婦さんにとって歯の付き合い方は非常に重要なのです。


身近になったマタニティ歯科

最近では、産婦人科で歯の検診を勧められたり、母子手帳にも「妊娠中と産後の歯の状態」のページが記載されてもいます。それほど、妊婦さんの体は今まで過ごしてきた体と大きな変化が生じているのです。そしてそれはお口の中にも顕著に表れるのです。


妊婦さんが経験する、お口のなかの変化

・つわりで気持ち悪く、歯がきれい磨けない
・おう吐でお口の中が酸性になり、いつも以上に歯にダメージを受けやすい
・つわりで食が変則的になり、常に口内に食べ物があり、清潔を保てない
・唾液の分泌量が減る

このほかにも、様々な症状があります。そして、妊娠中はホルモンバランスが不安定になる為、歯周病菌の動きも活発になります。歯周病菌は胎児にも影響を及ぼすと言われていおり、低体重児出産の原因とも言われています。


まず、あなた自身の歯を

妊婦さんの多くは、生まれてくる赤ちゃんを第一に考えています。しかし、生まれてくる赤ちゃんに正しい予防を施すには、まず親が見本にならなくてはなりません。これは歯だけではなく、すべてに共通しますよね。子供は親を見本に育つので、まずはあなた自身が正しい予防治療を身につけることが大事です。それが、大切なお子様のお口の健康を守ることに繋がるのです。


今から始められる3つのこと

歯の健診をしましょう

定期的に歯の健診を受けることによって、未然に歯周病や虫歯に対する予防を行うことが出来ます。そして、PMTCやスケーリング、フッ素散布でより虫歯になりにくい歯を手に入れましょう。


虫歯治療をしましょう

虫歯があった状態で、赤ちゃんとスキンシップを行うと、そこから虫歯菌が赤ちゃんの口内に侵入します。妊娠中だからといって、すべての治療に制限がかかるわけではないので、まずはご相談ください。


歯茎を守りましょう

歯茎が赤い、腫れている、血が出る、これらは歯周病の初期症状です。歯周病菌はお腹の中の胎児にも影響を及ぼすと言われています。今後の生活の為にもしっかり治療をうけましょう。


お母さんと赤ちゃんのお口の健康の為に

マタニティ歯科とは、ただ単純に妊婦さんの虫歯治療ではありません。妊娠中のお母さんの体には様々な変化が生じ、とてもデリケートな状態になっているのです。そんなお母さんと、大切な赤ちゃんのお口の健康を守るのがマタニティ歯科です。お口の健康は体の健康に直結します。歯医者さんと妊婦さんが密接にかかわりあうことによって、生まれてくる赤ちゃんにもよい影響を与えることが可能です。

お口の健康とともに、お母さんと成長するお子様によりそっていきたい。
それが私たちのマタニティ歯科の想いです。


もうすぐお母さんになる方へ

当院では、もうすぐお母さんになる方に向けての健診や、妊婦さんならではのお口の悩みにお答えしています。

・フッ素はいつ頃から始めるの?
・乳児期の適切な虫歯予防は?
・歯はいつ頃から生えるの?
・どんな歯ブラシ使えばいいの?
・どうやって歯を磨いてあげたらいいの?

何もかも初めてのお母さん、また改めてお子さんの歯について考えられている方、お口の健康のプロが様々なお悩みやご相談にお答えします。是非気軽にいらしてください。