ブログ

TOP > ブログ(一覧) > ブログ(詳細)

虫歯の原因(細菌1)2019. 2. 1

こんにちは。大田区六郷土手で開業しているたけお歯科院長の鈴木です。

皆様に少しでも多くのお口の情報をお伝えできたらと思います。

今回から虫歯の原因についてお伝えしたいと思います。

 

虫歯はKeyesの3つの輪と呼ばれる宿主(歯の形態など)、糖、細菌、それに時間を加えた因子のリスクが高まり重なった場合に発症すると言われています。

 

虫歯は微生物により歯の組織が局所的に破壊されていくものであり、微生物が全く関与しない脱灰病変や、酸蝕症、エナメル質形成不全などは虫歯に分類されません。

 

虫歯は虫歯菌が糖を材料にして酸を産生して歯を溶かす病気です。

つまり虫歯は細菌がいないと起こらない病気です。

 

今回はその因子の中の細菌について特にお話ししたいと思います。

 

虫歯菌の主役を担うのはミュータンスレンサ球菌です。

ミュータンスレンサ球菌が虫歯菌として呼ばれるには2つの理由があります。

 

   糖から酸を産生する。

ミュータンスレンサ球菌は糖を取り込んで乳酸などの酸を産生します。これは他の口腔レンサ球菌、乳酸桿菌などもその能力を持っています。

 

   不溶性グルカンを合成する。

これが他の菌は能力がない、ミュータンスレンサ菌が持ち合わせている能力であり虫歯菌と呼ばれる理由です。

ミュータンスレンサ球菌はグルコシルトランスフェラーゼ(GTF)という酵素を産生します。GTFは砂糖(スクロース)を材料にしてスクロースをグルコースとフルクトースに加水分解し、得られたグルコースを鎖状に繋げて「グルカン」という特殊な多糖体を形成します。

これが水に溶けず、粘着性もあるので歯面にへばりつき、細菌の温床となりバイオフィルムの基礎となります。この状態にあるとうがい程度では取り除くことができず、ブラッシングなどの機械的な除去方法が取り除くには必要となります。

 

その後細菌の温床となったバイオフィルムの中でミュータンスレンサ球菌や他の菌が糖を代謝して酸を産生させて歯を溶かしていきます。


ラクトバチラス菌(乳酸桿菌)も乳酸を産生し虫歯の発症に関与しますが、単独ではう窩を形成しないことが知られています。

しかし、ミュータンスレンサ球菌と連携して足場が作られると虫歯の重篤化に一役買います。

ラクトバチラス菌は穴の大きな場所や詰め物、被せ物が合っていない狭い場所に停滞して虫歯の進行した場所によく認められます。

 

ではいつ細菌は口腔内に住みつくのでしょうか?

 

小児の虫歯はミュータンスレンサ球菌などが外から感染する外因感染で、成人の虫歯は幼少期に口腔内に持続感染していたミュータンスレンサ球菌などの内因感染です。

 

次回は細菌の感染する時期などについてお話したいと思います。

お問い合わせcontact

  • ご予約、お問い合わせなど
    お気軽にお問い合わせください。
  • TEL03-6428-6463
  • 〒144-0056東京都大田区西六郷4-2-8
  • 予約優先制となっております。
診療時間
9:00-13:30○ ○ ○ ○ ○ ○ ×
15:00-19:30 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ×
矯正のみ第一日曜日診療