ブログ

TOP > ブログ(一覧) > ブログ(詳細)

インプラントのフィクスチャーの種類2018. 12. 2

こんにちは。大田区六郷土手で開業しているたけお歯科院長の鈴木です。

皆様に少しでも多くのお口の情報をお伝えできたらと思います。

 

残念ながら何かしらの原因で歯を失ってしまった場合にはブリッジ、入れ歯、インプラントという治療法で失ったスペースを補います。

今回はインプラントの種類についてお伝えさせていただきます。

単にインプラントといってもメーカーだけでも100種類あります。
インプラントに使われる材料も純チタン、チタン合金が主流で、ジルコニアのものも出てきています。
インプラントは骨の中に埋め込まれるフィクスチャーと呼ばれるもの、フィクスチャーと上部構造を繋ぐアバットメントと呼ばれるもの、直接歯として機能する上部構造の3つに分けられます。
この連結部もスクリューで固定されているもの、セメントで固定されているもの、フィクスチャーとアバットメントが分離しておらず直接繋っているものと連結様式も様々です。
連結部も接合部が外部連結、内部連結、連結の形状も様々です。

現代のインプラントは実際の歯根に似た形態をしているものが主流となっていますが、過去には様々な形態をしているものが販売されていました。
この歯根に似た形態においても、マクロにおいてはストレートな形態、テーパーな形態、シリンダー状、ねじ切りが付与されているものなど様々です。

ミクロにおいては表面を酸処理を行なったり、サンドブラスト処理を行なったりと表面にミクロの凹凸をつけること、またハイドロキシアパタイトなど付与することにより表面性状を変化させるによって、インプラントと骨との結合力を高めたり、骨結合スピードを早めようと各メーカーは研究を重ねて販売を行なっています。

現在のインプラントの成功率はかなり高まっているのですが、私はインプラントを確立されたブローネマルク先生の教えをしっかりと守ることが重要だと思っています。
最初のインプラントは骨と結合するまでの成功率は今より低かったのですが、現在のインプラントのようにインプラント歯周炎は起こりにくかった事実があります。
インプラント歯周炎は歯周病と同じでインプラント周囲の骨が病的に減少していくものですが、現在はこれが大きな問題になっています。
埋め込んだ直後は良いのですが、数年してから抜け落ちてしまうという問題が多く発生しています。
ブローネマルク先生が確立したインプラント表面は機械仕上げといってインプラント表面が滑沢なものでした。
現在はインプラント表面に凹凸をつけることにより骨との結合力が強くなり、結合までのスピードが上がったのですが、その分露出したインプラント表面にプラークがつきやすくなりました。

フィクスチャー全ての表面を機械仕上げにしたものを使用するのは難しくても、口腔内に露出する可能性のあるフィクスチャーの上部は機械仕上げの表面のものを使用した方が良いと考え、私は基本的にそのようなインプラントを使用しています。


お問い合わせcontact

  • ご予約、お問い合わせなど
    お気軽にお問い合わせください。
  • TEL03-6428-6463
  • 〒144-0056東京都大田区西六郷4-2-8
  • 六郷土手駅より徒歩6分 蒲田駅バス15分
  • 予約優先制となっております。
診療時間
9:00-13:30○ ○ ○ 不定 ○ ○ ×
15:00-19:30 ○ ○ ○ 不定 ○ ○ ×
矯正のみ第一日曜日診療