ブログ

TOP > ブログ(一覧) > ブログ(詳細)

歯を補う方法(インプラント編)2018. 11. 18

こんにちは。大田区六郷土手で開業しているたけお歯科院長の鈴木です。

皆様に少しでも多くのお口の情報をお伝えできたらと思います。

 

残念ながら何かしらの原因で歯を失ってしまった場合にはブリッジ、入れ歯、インプラントという治療法で失ったスペースを補います。

 

今回はインプラントについてお伝えさせていただきます。

 

インプラントとは歯を失ってしまった場所に対して骨の中に人工の歯の根を埋め込みその上に歯を作製する方法です。

このために、咬み合わせる力が天然の歯に近く、一般的に90%と言われています。

ブリッジが60%、入れ歯が10%と言われているので、咬み心地は他の方法よりも優れています。

また隣の歯を削ったり負荷をかけたりすることがないために、残っている歯が長持ちするのでお口の将来を考えた際に非常に良い方法です。

安易に何も削っていない歯をブリッジにして、その後悲惨な状態になっていく症例を私は多く見てきました。この他の歯が長持ちするという点がインプラントを行う上で最も恩恵を受ける点だと私は考えています。

また適切なケースで適切な方法で行えば成功率も高い方法と言えます。

 

逆に欠点として、インプラントを行うためには歯肉を切開して骨にインプラントを埋め込む穴をあけるといった手術が必要になります。

そしてそのインプラントが骨と結合するのを待つ必要があります。

一般的には下顎では3ヶ月、上顎では4−6ヶ月期間を待つことが推奨されていますが、最近では即時加重といって埋め込みをしてからすぐに仮歯を入れる方法もあります。

しかし成功率が落ちるので当院では基本的に行いません。

インプラントを骨に埋め込むためには、埋め込むための十分な厚み、高さの骨が必要になります。

また、上顎であれば上顎洞といわれる空洞、下顎であれば下歯槽管といった大きい神経があります。

骨も途中で凹んでいるケースもあり、2次元的なレントゲン写真だけでは読影できないこともあり大きな事故に繋がることもあるので、2次元的なレントゲンだけでなく3次元的なレントゲン写真を必ず撮影して手術に臨まれることを強くお勧めします。

 

また長く良い状態で使用するためにはメンテナンスが非常に重要です。

なぜならインプラントも天然歯と同様に歯周病にかかるのと咬み合わせは常に変化しているからです。

問題が起こった際に最小限の侵襲ですむためには定期的な検診、調整が必要です。

インプラント治療も絶対的な治療ではありません。

可能であればインプラントの根の部分には問題が起こりにくい設計になっていて、再治療が行えるタイプで、将来的に部品を取り替えることができる大手のメーカーのものを使用するのが望ましいと私は考えています。

 

インプラント治療は患者さんの満足度を高める非常に有効な方法だと私は信じていますが、間違った方法を行うとリスクもあります。

ぜひ担当の先生とよくご相談をされることをお勧めします。

お問い合わせcontact

  • ご予約、お問い合わせなど
    お気軽にお問い合わせください。
  • TEL03-6428-6463
  • 〒144-0056東京都大田区西六郷4-2-8
  • 予約優先制となっております。
診療時間
9:00-13:30○ ○ ○ ○ ○ ○ ×
15:00-19:30 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ×
矯正のみ第一日曜日診療