ブログ

TOP > ブログ(一覧)

歯を失う原因(虫歯編)2018. 1. 20

こんにちは。大田区六郷土手で開業しているたけお歯科院長の鈴木です。
皆様に少しでも多くのお口の情報をお伝えできたらと思います。

歯を失う原因で皆さんが一番に思うのは虫歯ではないでしょうか?
実は全ての年齢層で平均すると歯周病が一番の原因ですが、44歳までは虫歯が歯を失う一番の原因です。

虫歯で歯を失うにはステップがあります。

①要観察歯(CO)
最初は歯の表面のエナメル質が脱灰します。
この状態であればまだ元に戻る可能性があります。

②表面の虫歯(C1)
エナメル質に限局した虫歯です。
ここまでは痛みを感じません。

③神経に近い虫歯(C2)
象牙質まで進行した虫歯です。
冷たいものにしみる、甘いものにしみることを多いです。
場合によっては何もしなくても痛みを生じて神経を抜く必要があります。

④神経まで達した虫歯(C3)
神経まで達した虫歯です。
神経を抜く必要があります。

④根っこだけになった虫歯(C4)
歯ぐきの中まで虫歯が進行した場合は抜歯になる可能性が高いです。

COではフッ素を塗布しながら虫歯予防を行えばまだ削る必要はありません。
C1ではプラスチックの詰め物を詰めることがほとんどです。
C2では型取りして材料を詰めることがほとんどです。
C3では神経を抜き、防腐材をつめ、歯を補強し、被せる治療をとります。
C4では歯を抜くことがほとんどなので、隣の歯を削って被せて歯の橋を作るブリッジ、両隣にバネをかけた入れ歯、抜けた歯の骨に人工の歯の根を埋め込むインプラントのどれかを選択します。

歯科治療は可能な限り行わない方が歯の寿命は長くなります。
虫歯治療は基本的に外科的に除去して歯科材料で補う治療法です。
補う治療ということは歯と歯科材料との間に隙間ができます。
よって治療を行っても削っていない健康な歯に比べると条件が悪くなっています。
適合が悪ければ再度虫歯になる可能性が高くなります。
悪いサイクルとして、一度治療をした歯が再度虫歯になることで詰め物が大きくなり、さらに再度の虫歯で神経を抜き被せ物をして、被せ物の周りから虫歯になり根っこだけになり、歯を抜くことになります。
歯を抜いた後は両隣の歯を削りブリッジにすると、ブリッジの土台の歯の周りから虫歯になり土台の歯を失い、より長いブリッジとなり、さらに土台の歯を失い入れ歯となり、次々に歯を失っていきます。
最終的には全て歯を失っていくというのが最悪のパターンです。

できる限りこのステップを進ませないようにすることが必要になります。
そのためには①できる限り歯を削らないこと②歯を削った場合はできるだけ精密な治療を行うこと③歯を抜いたら隣の歯にできるだけ負担をかけない治療法を選択することが重要になります。
虫歯の原因を知り、適切な予防、処置を行うことをオススメします。

歯を失う原因(歯周病編)2018. 1. 14

こんにちは。大田区六郷土手で開業しているたけお歯科院長の鈴木です。
皆様に少しでも多くのお口の情報をお伝えできたらと思います。

歯はどうして失われるのでしょうか?
様々な原因があると思います。
皆様は虫歯を一番に挙げられるのではないでしょうか?
世代によって主な原因は変わりますが、全てを合計すると実は歯周病が歯を失う一番の原因というデータがあります。
歯周病が42%、虫歯が32%、破折が11%、矯正1%、その他(外傷など)13%となります。
今回は最も歯を失う原因である歯周病についてお話できたらと思います。

あまり歯医者さんに行かれていない方、お口に不便を感じていない方は歯周病と言われても「自分は関係ない、大丈夫だ」と思っていないでしょうか?
実は歯周病は30歳で8割の方がかかっていると言われています。
歯周病は痛みなく進行し、気がついた時には歯がグラグラして抜け落ちてしまう怖い病気です。

それでは歯は何で支えられていると思いますか?
大半の方は「歯茎」と答える方が多いのではないでしょうか?
実際は歯は「歯槽骨」と言われる骨で支えられています。
見た目的には「歯茎」で支えられているので全くの不正解ではないですが、この歯槽骨という骨の支えがないと歯は機能を発揮できません。

では歯周病の原因は何でしょうか?
これはプラークと言われる食べ物の残りにバイ菌が含まれたものです。
このプラークが歯の表面だけでなく、歯周ポケットと言われる歯と歯茎の間の隙間の中にも作られます。
これが石灰化したのが歯石ですが、歯石の表面はザラザラしているのでプラークの温床になります。
プラークはバイ菌が集まりバイオフィルムというバイ菌の塊の集合体を作りだし、この状態になると歯ブラシをしても取り除くことができません。
もちろん歯石も石灰化してしまったものなので歯ブラシをしても取り除けません。
このバイオフィルムの中の歯周病菌が歯茎に炎症を起こさせて、歯茎の中の骨を溶かしていきます。

この歯茎の中の骨を溶かしていくまでの段階で歯茎は腫れ、歯周ポケットと言われる歯と歯茎の間の隙間が深くなっていきます。
レントゲンで実際の骨がどれだけ減っているか調べる他に、この歯周ポケットの深さを調べることによって歯周病の進行度を調べることができます。

当院では歯周ポケットの深さで歯周病の進行度をこのように定義しています。
0~3mm 健康
3~5mm 軽度の歯周病
5~7mm 中等度の歯周病
7mm~   重度の歯周病

歯周ポケットの中に歯石が停滞していると、歯周病菌が歯周ポケット内に停滞し続けるために炎症を起こしてしまいます。
そこで歯周ポケット内の歯石、歯周病菌を除去することによって歯周病を治していきます。
つまり歯周ポケットも浅くなります。

よくクリーニングと言われるのは歯の表面をきれいすること以外に歯石除去も含まれます。
歯の表面上のクリーニング以外にこの歯周ポケットの中のクリーニングが重要になります。

この歯周病は完治しない病気と言われています。
歯周病治療によって良い状態になったとしてもバイ菌は12週〜16週で元の細菌数に戻るとされています。
そこでお口の中の状況、リスクによりますが、最低でも3,4ヶ月に一度は皆さんが問題ないと感じていてもクリーニングした方が歯周病で歯を失うリスクが低くなります。
毎日歯ブラシでプラークを取り除くことだけでなく、定期的に歯科医院で毎日の歯ブラシで取り除けなかったプラーク、歯石を除去することも重要です。
ぜひセルフケアとプロケアを受けてください。




歯の大切さ2018. 1. 7

こんにちは、大田区六郷土手で開業しているたけお歯科院長の鈴木です。
皆様に少しでも多くのお口の情報をお伝えできたらと思います。

「歯」って普段何気なく使っていてあるのが当たり前だと思っていませんか?
普段トラブルがない限りは気にかけない方がほとんどではないでしょうか。
そのお口のトラブル時に「食べる」「笑う」「話す」という生活に必要なことに影響が出てきます。
「自分は痛くないから大丈夫」という何か妙な安心感を持っている方もいらっしゃると思います。
ただ1本でも歯を失うと治療法にもよりますが、他の歯、歯肉、顎に対する影響が強く出てきます。
今は生活に支障がないかもしれませんが、5年後、10年後と時間の経過とともにより大きな影響が出てきます。

健康な歯の根の周りには歯根膜という線維があり、歯の根と骨を繋いでいます。
つまり骨と直接くっついていない、クッションのような遊びがあります。
歯は一般的に隣の歯、咬み合う対合の歯、周りの筋肉によってその位置を維持しています。
歯を失うとその位置が維持できなくなり少しずつ動いていくのです。

歯を1本も失わなくても前歯の歯並びが悪くなってきた経験を持つ方もいらっしゃると思います。
かみ合う力のバランス、筋肉のバランス、習癖によっても歯の位置は少しずつ変化します。
ですから歯を1本でも失うというのはお口のバランスに大きな変化を与えることになります。

例えば絵のように下顎の奥から2番目の歯を失うと、歯がなくなったことにより、全体のバランスが崩れてきます
  • 奥歯の咬み合わせが低くなり、前歯が出っ歯になります。
  • 咬み合わせが乱れ食べにくくなります。
  • 歯の隙間に食べかすがたまり、虫歯や歯周病がひどくなります。
  • 姿勢が崩れ、肩こりや頭痛、腰痛、顔の歪みなど、全身的に影響が及びます。
まず一番重要なのは歯を失わないことです。
このためには予防と適切な治療が必要です。
予防は「毎日の歯ブラシなどのお手入れ」と「歯科医院での予防処置」と2つを組み合わせることによって成り立ちます。
どちらか一方だけでは予防はできません。
適切な治療とは削るべき歯と削らないで良い歯を見極め、削る場合は可能な限り削った部分を適合よく他の材料で補うことです。
歯は削ることによってその寿命は短くなるので必要でなければ削らないようにすべきです。

残念ながら歯を失ってしまったら今度は失った場所を補う治療が必要になります。
人工的な歯で補う治療法はブリッジ、入れ歯、インプラントと3種類あります。
それぞれ長所、短所がありますので歯科医院でご相談ください。

キッズイベント20172017. 11. 26

歯医者は「怖い」とか「痛い」とか嫌なイメージがつきまといます。
ただお口の健康を守ることは「食べる」「話す」「笑う」という生活の質を向上し、重要なことだと考えています。
お子さんのうちから予防の意識を持つことが将来のお口の健康を守るために役立ちます。
そこで今年も「2017年たけお歯科キッズイベント」を行いました!

今回は午後1部のみでしたが親子15組に参加していただき、大盛況でした。
みんなお子さん、親御さん、スタッフとみんなで楽しむことができました。
当院のキャラクターのえむぞぅくんも等身大できてくれました。

①予防のお話
②指印象、石膏注ぎ体験
③抜歯体験(実際の器具を使用してマネキンの歯を抜きます)
④詰め物体験(実際に治療するプラスチックの詰め物を模型の歯に埋めます)
⑤削り体験(粘土に実際に使用する器具を使って名前を削ってもらいビーズで装飾します)
⑥衛生士体験(親御さんのお口を使って歯ブラシしたり、バキュームしたりします)
⑦塗り絵体験(キャラクターの石膏に塗り絵を塗ります)
⑧インレーパズル(詰め物をパズルに見立ててはめ込みます)

今年は昨年に続きテレビが来ました!
放送はJCOM太田ケーブルテレビ、デイリーニュース太田にて
11月30日(木)PM6:00, PM8:30, PM23:30にて放映されます。
ぜひご覧ください!


2016年キッズイベント2016. 11. 14

昨日11月13日にたけお歯科3周年記念キッズイベントを開催しました。
午前、午後の2部構成で10組の親子限定で歯科体験をしていただきました。
内容は①歯科医師体験(抜歯体験、プラスチックの詰め物体験)
   ②歯科助手、歯科衛生士体験(親御さんをユニットにお通し、エプロンつけて歯ブラシ体験)
   ③歯科技工士体験(指印象、石膏注ぎ体験)
   ④詰め物を歯に詰める3次元パズル、キャラクター石膏の塗り絵
   ⑤虫歯にしないためのお話
小さな歯医者さんたちは白衣に着替えていろいろな体験をしてもらいました。
塗り絵コンテストの表彰式を行い、歯科体験修了書を授与しました。
等身大のえむぞぅくんも応援に駆けつけてくれました。
お子さん、親御さん、スタッフみんな笑顔で最高の1日でした。





わくわくスクール2016. 7. 23

こんにちは。
大田区の六郷土手で開業しているたけお歯科の鈴木丈夫です。
たけお歯科では楽しいキッズイベントを行っています。
このイベントは毎年12月に行っていまして、昨年は歯科医師体験(マネキンの歯を抜く抜歯体験、プラスチックを歯に埋める体験)、歯科衛生士体験(模型の歯に対して機械、歯ブラシを使ってのクリーニング体験)、技工士体験(指の型取り体験、石膏注ぎ体験)、歯科助手体験(バキューム操作体験)、いろいろなキャラクター石膏に対する塗り絵体験、虫歯を作らない予防のお話をさせていただきました。

このキッズイベントを開業後2回行った反響で、わくわくスクールという高畑小学校で行われるイベント参加をご推薦いただきました。
7月22日に小学校1、2年生対象で親子15組の募集を行ったところ、31組の応募がきました。厳選な抽選で15組に絞りましたが、漏れてしまった方すみませんでした。

今回は高畑小学校で行った関係上、時間が限られており、機械を使うことができなかったので以下の体験をしていただくことにしました。
①抜歯体験
②指の型取り、石膏注ぎ
③いろいろなキャラクター石膏に対する塗り絵体験
④フッ素の実験
⑤虫歯にしないためのお話

フッ素の実験は同じカルシウム成分である卵を歯に見立てて、フッ素を塗っている面と塗っていない面でお酢を虫歯菌の酸に見立てて行いました。
フッ素を塗っていない卵の表面が溶けて、フッ素を塗っている卵の表面は溶けていないのを実際に目で確認してもらい、フッ素の効果と重要性をわかりやすく伝えられたと思います。

子供達の笑顔が印象的でスタッフ一同も楽しませていただきました。
今後もこのようなお話があればぜひやっていきたいと思います。

お問い合わせcontact

  • ご予約、お問い合わせなど
    お気軽にお問い合わせください。
  • TEL03-6428-6463
  • 〒144-0056東京都大田区西六郷4-2-8
  • 予約優先制となっております。
診療時間
9:00-13:30○ ○ ○ ○ ○ ○ ×
15:00-19:30 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ×
矯正のみ第一日曜日診療